一期一会葬祭ブログ

時代とともに変わる葬儀

2013年11月28日     カテゴリー - ブログ

葬儀も昔と大分変わってきましたよね…

まず、地域の風習やしきたりなんて物は殆ど無くなってしまいました。(私のエリアでは)地域によって違う様々な風習やしきたりの事なんて今の若い葬儀屋さんは分からない人も多いと思いますけど、私が葬祭の仕事に就いた時は、すぐ隣の町会ですら葬儀のやり方が違ったりして、その風習やしきたりを覚えることが葬儀社の仕事の一つだった気がします。

そして年月は流れ段々と葬儀社が全てを取り扱う様になり近所の手伝いの仕事が減り、葬儀社中心の葬儀へと変わって、今では葬儀に近所さえも呼ばないウチが増えて『家族葬』が主流となっていますが、家族葬と言っても結局、葬儀社が殆どの段取りを取り仕切る形で家族の方は葬儀社の言われるがままになりがちです。

まぁ…実際、式場の予約や火葬の予約を取る場合、間に葬儀社が入らないと火葬場の予約も受け付けてくれませんし、家族だけで執り行う術はなかなか難しい事だと思いますけど、もし自分達で本当に葬儀をあげられるとしたらどうでしょう?

『自分の家の葬儀は自分で出す』そんな考えの元に自分達で執り行う事が出来たら亡くなわれた方も喜んでくれると思いますし、自分の肉親を送る事が出来た達成感も計りきれない位有ると思います

そんな勇気のある人はあまり居ませんよね(^^;)

私は、もしそんな方が居たとすれば、ウチの事務所を貸してあげても良いかな?って思うし(当社の名前で予約や発注をする)分からないことや業者しか出来ない事はもちろんお手伝い指せていただきます。

何より費用は仕入れ原価に近くなりますのでお財布にも優しくなります

時代とともに変わってきた葬儀のやり方なので、もしかすると将来的には家族葬の場合に限っては自分達で段取りする時代が来るかも知れないですね

浅草 神谷バー

2013年11月18日     カテゴリー - ブログ

私は、たまに浅草に飲みに行きますが、昼下がりの神谷バーで人間観察をするのが結構好きです

平日の昼間から飲兵衛達が何の気兼ねもなくお酒を飲んでいる空間は何とも言えず時間を忘れてしまいます

老若男女を問わない客層は見ているだけでツマミになるくらい楽しいです

特に年配の方々の元気さには驚かされるくらい本当に元気です

私達がサッパリした物を食べながら呑んでいるのに、そこにいる先輩方(70才前後)はトンカツだとかミックスフライをツマミに顔を真っ赤にして呑んでいるのを見ると、そんなの食べて大丈夫?と言いたくなるくらいです

たぶん家の中では食べさせて貰えないから神谷に来るとそんなヘビーな物を食べたくなるのかな?と勝手に想像してしまいます(^ ^;)

その他にもOL風(スーツ姿)の30才前後の女性が一人で入ってきて中生を一杯グググゥ~と飲み干して何も食べずに帰って行ったり(粋な飲み方でかっこいぃ~  けど仕事中?)

あるいは60才くらいの小柄な女性が一人でかなりヘビーなポークソテーとチーズサラダを食べながら大生(カミヤの大生はカナリ大きい)を両手で持ってグビッグビッと飲む姿には圧巻でした…

でも、その女性は食べ物を完食し大生を飲み終えるとピルケースを取り出して薬を飲んで帰って行きました…

お酒飲んだら薬は効きづらいって事を知らないんでしょうか?(@@;)

最近、店内を模様替えしてリニューアルオープンした神谷バーですが、そんな人達を見ながらデンキブラン一杯に中生をチェイサーにして飲むのが私なりの神谷バーの楽しみ方です

こんな事を書いているとまた行きたくなってしまうのでこの辺で止めておきます(T T) では…

忘年会…

2013年11月16日     カテゴリー - ブログ

もうすぐ忘年会の季節ですね

今日はお店を探しに行って来たいと思います

毎年ただの飲み会で終わってしましますが、協力会社さんの労いの意味を込めて開催したいと思います(会費制ですけど…)

今年も後少し…頑張るぞーー

苺パック…

2013年11月4日     カテゴリー - ブログ

今日はまた昔の出来事の話をします

私がまだ若い頃、病院から搬送依頼があって先輩と一緒に寝台車に乗って病院へ行き自宅に搬送をした時の事です

病院から自宅に着いて、一緒に行った先輩がご葬家に『葬儀を当社に任せて頂けませんか?』とお願いしましたが、あいにく決まったとこが有るからと言う事で断られてしまいました…

仕方なく帰ろうとしている私達に葬家のオヤジさんが『葬儀屋さ~ん!!お清め出すから、ちょっと待ってぇ~』と言って家の奥へ走って行きました…

仕事にならなかったのは残念でしたが、お清めを出して貰えるのは嬉しかったです(その会社では心付けは会社に提出しなくても良かった)

少し車の中で待っていると葬家のオヤジさんが『悪かったね!これ気持ちだから…』と言って、差し出したのはナント苺パックに山盛りの塩でした!! (*□*)

受け取った先輩は言葉も出ず、ただ有り難うございますと言って車を走らせましたが帰りの車内では『ありえねぇだろ!』とご立腹でした。

お相撲さんでもあんなに大量の塩は使わないと思います…( ^ ^ 😉

葬家のオヤジさんは天然だったのか、それとも意地悪だったのか今でも分かりません…

→ブログトップへ

ページの先頭へ