一期一会葬祭ブログ

お香典の行方…

2014年1月26日     カテゴリー - ブログ

みなさんは知り合いの葬儀に参列するにあたってお香典を包んで行きますよね…

では何の為にお香典を持っていくのでしょうか?

料理を食べたり返礼品を頂いたりするので手ぶらじゃ申し訳ないと思ってお香典を出すのでしょうか?

こういう人が居たとするなら、この人はお香典で飲食と返礼品を買っているのと同じですよね…

たぶん大体の人は違う考えの元にお香典を持っていくのだと思います。

お香典はその昔、お葬式にはたくさんの人が来るのでお持てなしをするために必要な米や食料を近所や親戚が持ち寄った事から始まったと言われていますけど、その意味合いがお金に変わって現在のお香典になっているのだと思います

そう言う意味からすると、大体の人は『お葬式はお金もかかるから少しは葬儀の足しにして下さい』と思って持っていくのですが、お香典を頂く側のご葬家からすると、『せっかくわざわざ来て下さったのだから』と料理を振る舞ったり返礼品を用意したりしているのが現在の状況です

これはとても日本人らしい文化だと思います(^ ^)

しかし会葬者側からすると本当に自分の持っていったお香典は葬儀の足しになっているのでしょうか?

一般の会葬者が持っていくお香典で一番多い金額は\5,000-(私の地域では)ですけど、仮に通夜に参列した時に通夜振る舞い(料理)で一人単価2~3千円・返礼品1個2~3千円とすると\5,000-のお香典は殆ど残らない計算になります

これではせっかく『お葬式はお金もかかるから少しは葬儀の足しにして下さい』と持っていった気持ちがご葬家に届かない事になってしまいます。会葬者からすると料理を食べに来たわけでもないし、返礼品を貰いに来たわけでもないのに半強制的に食べたくもない料理を食べさせられ貰いたくもないお茶や海苔を貰って帰らせられる事になってしまいます

それでは一体誰が喜んでいるのでしょうか?

ご葬家からすれば料理や返礼品の金額が負担になってしまい思ったより支払いが多くなることも多々有ります

会葬者から見ても自分の気持ちがご葬家に届かないと言う不本意な結果になってしまいます

だとすると返礼品や料理の業者が喜んでいるのでしょうか?

答えは『葬儀社が喜ぶ』です…(* *)

葬儀社は必ず料理や返礼品業者から販売手数料(バックマージン)的な物を受け取っています。葬儀社によって手数料は異なりますが、料理10~20%(もっと貰っている葬儀社も有り)返礼品30~55%と言った具合に業者から受け取っています。

確かに販売手数料は正規の物ですから後ろめたい事も無いのかも知れませんけど手数料と言うにはあまりにも高すぎる率だと思ってしまいます…業者さんかわいそぅ~(T T)

考えてみて下さい  仮に返礼品が\3,000-で販売手数料が50%だった場合のことを…返礼品が1個出る度に\1,500-が葬儀社にチャリ~ン・チャリ~ンって入っている現実をどぉ~思います?

当社には『会葬者プラン』というシステムがあって葬儀が終わって請求段階の時に葬儀の見積書から販売手数料を差し引きして請求するプラン(会葬者が多ければ多いほど葬儀費用が安くなる)があります

このプランは会葬者の気持ちをご葬家に届けることの出来るプランだと思いますので今後とも続けて行きたいと思います

この先ある年数まで死亡者の数は上昇し続けると言われますが、それと平行して喪主となる子供達の数が減少して行きます。今まで通りの葬儀のあり方では喪主(施主)への負担が多くなりすぎて葬儀を出すことすら出来なくなる時代が来るでしょう…

大切な人を亡くして葬儀も上げられないと言うのは、なんて悲しいことではないでしょうか?

葬儀社として何が出来るのか…自分達で気付く事が大切なのではないかと思います

では今日はこの辺で…

東京都知事選…

2014年1月17日     カテゴリー - ブログ

東京都知事選の候補者がだいたい出そろいましたね…

新聞やテレビでは自民党が応援する桝添氏と元総理の細川氏の対決みたいな報道が目立ちます

本来、両者とも東京を担える器を持っていません

ですがマスコミその他が煽る為、都民は間違った選択をしてしまうのではないかと埼玉県人の私から見ていても心配になってしまいます…(+ + 😉

今、東京都がやらなければならない事は脱原発の問題では無くて東京オリンピックへの準備や首都直下型地震または東海地震に対しての危機管理と老朽化が進んでいるインフラの整備等の方が喫緊の課題のはずです…

(東京オリンピックのある2020年までに首都直下型地震もしくは東海地震の起こる確率は50%を超えています)

原発の問題も有ることは事実では有りますが、目の前に迫っている現実を軽んじて安心できる未来が有るとは思えません

原発が稼働していない今、火力発電に頼っているエネルギーに対しての国民の負担増は1人換算すると年間4万円にも上ります

仮に4人家族であれば年間16万円もの金額になってしまいます

都民の皆様、都知事選を間違った人選をしないようにお願いします。

明けましておめでとう…

2014年1月3日     カテゴリー - ブログ

明けましておめでとう御座います(^^)

今日から通常に仕事に入ります

たまたま4日から通夜があるから仕事と言う事でもなく家でゴロゴロしている方が辛いので…(^^;)

まずは洗車から始めたいと思います…(+。+)

今年もよろしくお願いいたします…

 

 

→ブログトップへ

ページの先頭へ