一期一会葬祭ブログ

やってしもたぁ~(*ノωノ)

2015年10月22日     カテゴリー - ブログ

先日の夜中に髪の毛が伸びたなぁ~と感じ、そろそろ床屋さんにでも行かなきゃと思ってブラシを持って、どんな髪型が似合うか遊んでいたところ、薄毛になった私にはどんな髪型にしても薄毛を隠すような髪型にしかできず(=_=)面倒くさくなって、この際バリカンで短くしてしまおうと思い洗面所に行ってバリカンを取り出して長さ調節用のアタッチメント6mmにセットしてウィ~ンって切り始めたんですけど…後頭部に差し掛かったところでアタッチメントが外れて、長さ調節の無いまま一か所切ってしまい明らかに他の場所より短くなってしまいました…(T_T)

こうなってしまうと、どうすることも出来ず…全てをアタッチメント無しの状態で切るハメに(>_<)

本当の坊主頭になってしまいました( *´艸`)

 

出来上がってみると、その辺の坊さんより貫禄あります…( `―´)

 

ではまた…

 

 DSC_0101

欧米に寝たきり老人が居ない訳…

2015年10月8日     カテゴリー - ブログ

 

欧米で寝たきり老人が居ないのを知っていますか?

 

日本での終末期医療は長寿至上主義であって長生きが全ての考えに基づきます

 

欧米では食べられなくなった高齢者に食事を与えることは『非理論的』であり、ある意味『虐待』と考えられています

 

これは、どう言う事かと言うと自然に死に向かっている人に対し点滴や経管栄養を施して無理やり生かしておくのは、その人の尊厳を無視していると考えられているからです。

 

もう一つの考えは医療費の抑制です高齢化により医療費が増大になり国民の負担が大きくなるためです。

 

 

 

終末期人工栄養(点滴・経管栄養)の比較…

 

 

 

スウェーデン・オーストラリア・オランダ…行わない

 

オーストリア・スペイン…少ない

 

アメリカ…州により異なる

 

日本…多い

 

 

 

終末期人工栄養を施さない方が寿命は延びないが苦しまずに自然に亡くなる方が多いそうです

 

 

 

人間だって動物です…自然に近い形で亡くなっていった方が良いと思います。

 

日本人の高齢化は、これからますます深刻な状況になって行くと思います

 

 

 

ではまた…

 

 

 

 

 

 

 

お墓参り…

2015年10月6日     カテゴリー - ブログ

先日は『ゆうパックで送骨』の話をしましたけど、今日はお墓参りの話をしたいと思います…

お墓参りには何しに行くのでしょう…

当たり前の事ですが、そこに眠っている方とお話ししに行くのではないでしょうか?

自分に嬉しい事が有って報告したり、辛い事が有って相談したり…人それぞれ話す内容は違うとしても、声に出さずに心の中で色々なことを話すのではないでしょうか…

お墓からは何の返事も聞こえませんが、心の中には亡き人からの返事が聞こえてくると思います…

 

お墓とはそんな大切な場所ですよね…

 

誰しも先祖からの歴史があり、物語があることを忘れず次の世代の人達に繋げて行けるように頑張りましょう…( `―´)

 

ではまた…

 

 

→ブログトップへ

ページの先頭へ