葬儀の流れ

時代とともに変わる葬儀

2013年11月28日     カテゴリー - ブログ

葬儀も昔と大分変わってきましたよね…

まず、地域の風習やしきたりなんて物は殆ど無くなってしまいました。(私のエリアでは)地域によって違う様々な風習やしきたりの事なんて今の若い葬儀屋さんは分からない人も多いと思いますけど、私が葬祭の仕事に就いた時は、すぐ隣の町会ですら葬儀のやり方が違ったりして、その風習やしきたりを覚えることが葬儀社の仕事の一つだった気がします。

そして年月は流れ段々と葬儀社が全てを取り扱う様になり近所の手伝いの仕事が減り、葬儀社中心の葬儀へと変わって、今では葬儀に近所さえも呼ばないウチが増えて『家族葬』が主流となっていますが、家族葬と言っても結局、葬儀社が殆どの段取りを取り仕切る形で家族の方は葬儀社の言われるがままになりがちです。

まぁ…実際、式場の予約や火葬の予約を取る場合、間に葬儀社が入らないと火葬場の予約も受け付けてくれませんし、家族だけで執り行う術はなかなか難しい事だと思いますけど、もし自分達で本当に葬儀をあげられるとしたらどうでしょう?

『自分の家の葬儀は自分で出す』そんな考えの元に自分達で執り行う事が出来たら亡くなわれた方も喜んでくれると思いますし、自分の肉親を送る事が出来た達成感も計りきれない位有ると思います

そんな勇気のある人はあまり居ませんよね(^^;)

私は、もしそんな方が居たとすれば、ウチの事務所を貸してあげても良いかな?って思うし(当社の名前で予約や発注をする)分からないことや業者しか出来ない事はもちろんお手伝い指せていただきます。

何より費用は仕入れ原価に近くなりますのでお財布にも優しくなります

時代とともに変わってきた葬儀のやり方なので、もしかすると将来的には家族葬の場合に限っては自分達で段取りする時代が来るかも知れないですね

→ブログトップへ

ページの先頭へ