一期一会葬祭ブログ

お詫びと訂正

2018年8月27日     カテゴリー - ブログ

先日、埼玉県で公営の火葬場が無いのは草加市と八潮市だけと書いてしまいましたが、戸田斎場近辺の市も公営斎場が無かったので訂正してお詫び致しますm(__)m
公営斎場の無い市は草加市・八潮市・戸田市・蕨市・和光市・朝霞市・新座市・志木市・坂戸市・寄居町です…
坂戸市は火葬にかかる費用から\10,000-を引いた額を市が負担してくれます(上限\70,000-)なので実質、市民の負担は\10,000-で済むことになりますし、寄居町も金額は定かでは在りませんが市の方からの補助金が出るようです。
問題は戸田斎場と谷塚斎場のある付近の市民の負担が大きい事にあります。
言ってしまえば、公営斎場持たない市が民間斎場を未来永劫支える事になり、市民の生活は他の市に比べて不幸である事は事実だと言わざるを得ません…
しかし、朝霞市などは市営の葬儀式場を持っていたり、市民葬を設定したりと、公営斎場が無くとも市民の負担を軽減する方法をとっている市もあります。(市民葬の設定が無いのは八潮市だけ)
ホントに何にも無い市…八潮市なんです((+_+))
警察も無く、市民病院も無い、大きな会社も無く、大きな公園も無い、そのくせ税金だけは高い…((+_+))
可哀想な市民…ネガティブな八潮市…市議会議員が多い市…
それが八潮市です(T_T)

ではまた…

どうにかなりませんかねぇ~

2018年8月22日     カテゴリー - ブログ

最近つくづく思う事が有ります。
今年の4月に川口市にも市営の火葬場が出来たため、私の住んでいる八潮市・草加市は埼玉県の県民の中で唯一公営の火葬場が無い地域です…
その為、八潮市・草加市の市民は草加市にある民間の斎場(谷塚斎場)を利用しているのが現状です。
隣の市(三郷・越谷・川口)の斎場を利用することも出来ますが市外扱いのため料金が高くなってしまいます…
ちなみに越谷市民は火葬料\10,000-(市外\80,000-)、式場使用料\150,000-万円(80席)三郷斎場は火葬料\5,000-、(市外\50,000-)式場使用料\40,000-(30席)
どちらも式場は市民(越谷斎場は越谷市・吉川市・松伏町)しか利用することが出来ません((+_+))
その為、八潮市と草加市の人々は草加にある谷塚斎場を利用せざるを得ないのですが、問題は料金です…
火葬料は3ランクに分かれていて一番安い火葬料でも\59,000-、式場においては30席くらいの式場で\248,400です…(/ω\)
仮に葬儀費用を\20,0000-で見積もっても斎場費(式場使用料と火葬料)を入れると\500,000-もかかる事になってしまいます…
三郷斎場なら同じ葬儀を執り行っても\245,000-と半分の料金で済みます
これって、差が有り過ぎませんかねぇ”(-“”-)”
この辺を八潮市と草加市の行政はどう思っているのでしょうか?(@_@)
人は必ず死ぬんです…行政サービスとして、もう少し考えて欲しいと思います…

今日は真面目な話になってしまいました…(^-^;
この間購入したハンドブレンダーでカボチャのスープを作ったのでUPしておきます( ̄▽ ̄)

 

ではまた…

 

 

 

便利な世の中だけど…

2018年8月9日     カテゴリー - ブログ

またまた久しぶりの投稿になってしましました…m(__)m

この間、ハンドブレンダーを使ってビシソワーズを作りました(^-^)

買ってくれば手間も要らず直ぐに飲めますが自分で作ると味もひとしおです( `ー´)ノ

でも最近の人は自分で何かをするとか何かを作るとかってあんまりしないのかと思うようになりました。

梅干を漬けたり、ぬか漬けを漬けたり決して難しい事ではないのですが面倒とか言ってしない家が多いようです

お金を出せば何でも手に入る世の中ですが、自分でやる…自分で作る…出来上がりは売っているものに比べて見劣りしても『作る』『やる』その過程が楽しかったり難しかったりすることが日々の生活をを豊かにしてくれる様な気がします。

葬儀に置き換えれば、最終的には『遺骨』になるのは一緒でも、遺骨にするまでの過程(亡骸と過ごす時間)が大切なのだと思います。

お葬式をしなくても亡き人との最後の時間を過ごすくらいの余裕は持ってほしいと最近特に思いました…

今日は何やら固い話になってしまいました…(/ω\)

暑い日がまだまだ続きますので体に気を付けてお過ごしください

 

ではまた…

 

 

→ブログトップへ

ページの先頭へ