ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ

ブログ記事一覧

2018.10.31
リニューアルいたしました

ホームページをリニューアル致しました
これからの『葬儀』または『お別れ』を考えて、負担の少ない『自宅で執り行うお別れ』に特化したホームページになっております。
少人数で故人を送るなら選択肢の一つとして『家』を見直して欲しいと思います。


2018.10.25
まもなく…

ホームページがリニューアルいたします( ̄▽ ̄)
暫くお待ちください。
ではまた…


2018.10.10
今年は作りました…


秋も深まり夜は虫の音が聞こえる季節になりましたね…(*´▽`*)
今年の秋刀魚は値段も安く庶民の見方の存在に返り咲いたようです\(^o^)/
しかし、生筋子は去年よりは下がったものの100グラム800円くらいします(T_T)
ですが、去年作らなかったので今年は生筋子を買ってきて作りました( `ー´)ノ
そう…鮭とイクラの親子丼です(=゚ω゚)ノ

何回も食べる物じゃないですね…
今年はこれで十分満足いたしました!(^^)!
ではまた…


2018.08.27
お詫びと訂正

先日、埼玉県で公営の火葬場が無いのは草加市と八潮市だけと書いてしまいましたが、戸田斎場近辺の市も公営斎場が無かったので訂正してお詫び致しますm(__)m
公営斎場の無い市は草加市・八潮市・戸田市・蕨市・和光市・朝霞市・新座市・志木市・坂戸市・寄居町です…
坂戸市は火葬にかかる費用から¥10,000-を引いた額を市が負担してくれます(上限¥70,000-)なので実質、市民の負担は¥10,000-で済むことになりますし、寄居町も金額は定かでは在りませんが市の方からの補助金が出るようです。
問題は戸田斎場と谷塚斎場のある付近の市民の負担が大きい事にあります。
言ってしまえば、公営斎場持たない市が民間斎場を未来永劫支える事になり、市民の生活は他の市に比べて不幸である事は事実だと言わざるを得ません…
しかし、朝霞市などは市営の葬儀式場を持っていたり、市民葬を設定したりと、公営斎場が無くとも市民の負担を軽減する方法をとっている市もあります。(市民葬の設定が無いのは八潮市だけ)
ホントに何にも無い市…八潮市なんです((+_+))
警察も無く、市民病院も無い、大きな会社も無く、大きな公園も無い、そのくせ税金だけは高い…((+_+))
可哀想な市民…ネガティブな八潮市…市議会議員が多い市…
それが八潮市です(T_T)
ではまた…


24時間いつでも対応致します。

0120-73-1510(24時間いつでも対応致します。)

葬儀に関する疑問、質問、お悩み等ございましたら、どんな事でもご連絡ください。
埼玉県東部地域を中心に八潮市・草加市・三郷市・越谷市・吉川市・春日部市・松伏町・川口市・足立区に対応致します。

PAGE TOP